男性器が大きい人と小さい人の違いとは

ペニスの見栄えは、太さ・長さ・カリ高の3要素が重要!増大サプリで実現しよう!
ペニスを太く大きくする方法!

■男性器サイズは生まれつきなのか?

男性器を大きくするためには男性器が小さい原因を知りましょう。男性器が小さい要因には以下の三つのものがあるといわれています。

●生まれつき

男性器が短小な原因の一つとして遺伝というものが考えられます。

生まれつきで男性器サイズが決まっていると言われるともう買えられないのかと思いがちですが、実はそうではありません。

ここでいっている遺伝というのは生まれつき男性器のサイズが決まっているということをいっているのではありません。

「男性器が大きく成長するために必要な成分が、体の中で生成されにくい体質」という意味です。

身長や顔の容姿などのように生まれ持った遺伝子で男性器のサイズが決まっているわけではありません。成長に必要な成分を増大サプリなどから効率的に体内に取り入れることにより増大をいくらでもすることができます。

●筋肉が不足している

下腹部の筋力が弱い人太っていてお腹が出ている人は男性器が小さい傾向にあります。原因は、下腹部から男性器につながる筋力不足。

男性器は、海綿体細胞という細胞が基礎となり、その周りを下腹部からつながる筋肉とお尻からつながるPC筋という筋肉が支えています。

勃起状態というのは男性器を構成しているPC筋が緊張状態になることにより男性器が反り返ることにより勃起状態になります。

ここのPC筋の筋力が弱っていると男性器そのものが勃起しにくくなるのです。

男性器を構成している筋肉が弱かったり太かったりしている人は、下腹部の脂肪を減らしてダイエットすることにより、男性器が大きく見えるようになります。

●男性器に皮がかぶっている

包茎という状態も男性器を小さくしている要因の一つです。包茎というのは男性器の皮が亀頭に被っている状態です。

小さい子供の頃は亀頭が皮にかぶっているのは普通のことですが、大人になるにつれてじょじょに皮がめくれていって普通の男性器になります。

ですが、人によっては亀頭に皮がかぶったままとなり、通常時はもちろん、勃起しても亀頭に皮がかぶったままの男性がいます。

仮性包茎というのは通常時は亀頭に皮が半分くらいかかっている状態です。勃起状態では完全に皮がむける状態のことをいいます。

逆に真性包茎というのは、通常時でも勃起状態でも常に亀頭に皮が被っている状態の包茎のことをいいます。

他にもカントン包茎というのもあってこの包茎というのは、亀頭の先端部分が狭くなっていて、亀頭を締め付ける状態になる包茎のことをいいます。

以上のように包茎というのはいろいろなタイプがありますが、どれにも共通していえることは、亀頭に皮が被っている状態のことを言います。

亀頭に皮が被っている包茎という状態は、男性器増大にはマイナス要因になってしまうのです。

包茎の男性器と正常の男性器では長さが1,2センチも違うというデータもあるくらいです。

包茎が原因の場合は包茎を治すことにより男性器を大きくすることができるということです。